キャッシング比較

株式会社エスワイシー(ビジネスローン・事業資金の借り入れ)

株式会社エスワイシーは手形割引が中心のローン会社ではなく、正真正銘の「事業者ローン」をおこなう金融会社です。

まず最初に言っておきたいのは、一部、ネット上でネガティブ情報もあるようですが、正規の事業者ということで間違いありません。

株式会社エスワイシーの強みは、特に「まとまった資金調達」に対応しているということです。

2000万円以上の大型融資(大型ローン・大型資金)も短期間で可能だと公式ページにも掲載してあります。

最短2日で融資OK!

返済途中での追加融資もできるそうです。

基本的にビジネスの範囲内であれば、ローン資金の用途は自由となっております。

また、保証人、不動産も不要なローンも用意されているところも嬉しいですね。

一方で担保ローンもあるようです。

売掛金担保ローン、債券担保ローン、診療報酬担保ローン、介護報酬担保ローン、有価証券担保ローンもラインナップされています。

さらには年率3.5%からの手形割引や電子記録債権サービスもあります。

◆株式会社エスワイシーご案内
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3丁目22番地 神田SKビル6F
TEL 03-3861-1103
フリーダイヤル 0120-360-666
FAX 03-3861-3332
公式ページ http://www.s-y-c.co.jp/

◆その他のサービスをお探しの方へ
当サイトおすすめ事業者ローン

  • 1
  • 資金調達プロ(ファクタリング)
banner336_280_3

  • 最短即日のスピード資金調達を実現
  • 100万円から3億円まで対応!
  • 融資ではない、借りない資金調達
  • 銀行や消費者金融とは審査方法が違うので安心

ポイント1 個人信用情報への影響がない ポイント2 資金繰りの改善で
再び銀行などから借り入れ可能
ポイント3 債務にならない! ポイント4 秘密厳守で安心
ココがすごい! もしアナタが金融ブラックリストや債務超過の経営者の人であっても「売掛金」があれば資金調達が可能です!


銀行のように厳しく、面倒な審査はありません。売掛金のあることさえ証明できれば審査通過できるファクタリングをぜひお試しください。

> 公式サイトはコチラ

【コラム:一時的で短期に返せる借金は当座借越を利用する】

銀行からの借り入れの方法に、当座借越という方法がある。銀行からいえば、当座貸越である。

普通なら銀行に当座預金のある場合、手形や小切手は、当座預金の残高以上には振り出せない。

もし手形や小切手が当座預金以上に振り出された場合は、不渡りになり、回を重ねれば、銀行取引を停止される。

ところが、銀行との間に「当座借越契約」を結んでおくと、一定金額、たとえば五千万円までとか、 1億円までとかは、銀行で不足分を立替え払いをしてくれる。

その分が会社に対する貸し付けになるわけである。

会社では、お金ができたとき、当座預金に入れておけばそれで返済したことになる。

つまり、銀行から金を借りるのに、いちいち借入れ申込書を書く必要もなければ、返済も毎月末というようなこともいらず、極度額(最高限度額)までなら、いつでも借りられる。

また、返済も定期にということではなく、いつでもできるという、会社にとっては実に便利な方法である。

とある二部上場の会社は、この方法で一切の運転資金をまかなっていたが、実にうまいやり方である。

ただ、利用している会社は非常に少なく、銀行の全貸付け残高の三パーセントにもみたない。

借り入れが常時ではなく、一時的で、しかも常に短期であるという会社には、非常に便利な方法なので、一度銀行に交渉してみることである。

ただ、金利は普通の手形借入れよりやや高くなり、担保や保証人も必要である。

◆短期借入金は、手形割引で返済する

ここであなたに、一っの疑問が生じたのではないだろうか。S会社の場合で考えてみよう。

S会社では、売上高が月一個の割で増加する場合、月々の運転資金の不足は八万円ずつ増加してゆく。

そこで、S会社では、この不足資金を手形割引でまかない、ボーチス時や決算時に、手形割引の他に100万円を十カ月返済で借りたとしよう。

毎月の返済額は10万円である。

毎月、毎月の運転資金が余るなら、その余った資金で返済できるのだが、S会社の場合、会社が順調に売上げをのばしてゆく限り、皮肉なことに、運転資金の不足は月八万円ずつ多くなってゆく。

とすれば、短期借入金の返済は、どのようにして行なうのだろうか。

この場合は、月々の手形の割引額を短期借入金の返済分だけ多く行なって、返済するのである。

つまり短期借入金の返済を、手形割引という名の銀行借入金で返済をするのだ。

だから、手形の割引高は、S会社のようなタイプの場合、売上高が増加をすればするほど多くなっていく。

(2016年12月5日更新)

一押し記事