キャッシング比較

子供の教育ローンと消費者金融カードローンの実体験

本日(2015年11月12日)の新聞を見ていて
気になる記事がありました。
学生ローン新聞記事IMG_0236
アメリカにおける学生ローンの話題です。

大学の授業料が高いアメリカでは約40%の
学生がローンを活用
しているようです。

この新聞記事によると、サイモンさんという女性は
高校失業後、学費を借りて、アルバイトもしながら
大学に進学したそうです。

アメリカではそうした進学のための
学費の借り入れを学生ローン
と呼んでいます。

当サイトでも別コラムで書いていますが、
日本でも50%以上がローンを利用している
というデータがあります。

こうした背景にはやはり日米ともに
経済格差が拡大しているということが
一番の要因になっているようです。

また日本の場合、40年前に比べ、
国立大学の授業料が15倍くらいに
なっている状況も一因と思われます。

学生ローンのメリットとデメリットは
無利子、有利子がそれぞれあり、
大学など学校を卒業すると学生本人による
自力での返済がスタート
するということです。

本人がまだ社会に出ておらず、
収入などはありませんから、
消費者金融のキャッシングや
銀行のカードローンなどのように
厳しい審査はありません。

これがいわゆる奨学金制度です。

一方、教育ローンという別のサービスが
あります。

これは親が金融機関から借り入れし、
返済するというものです。

当然、与信審査もあります。

教育ローンの借入について少し詳しく説明しておきます。

特長としては、使途が子どもの教育関係に
限定されるローンとなります。
幼稚園から大学・大学院、専門学校などの
各種学校までの入学金や授業料などが対象

となっています。

ローンの期間ですが、無担保融資であれば
最長で10年です。
有担保であれば、最長で25年となっています。

金利は固定金利と変動金利があり、利率は
金融会社それぞれのケースで違ってきます。

銀行やJA、政府系の日本政策金融公庫の国民生活事業
などがおすすめです。

上記の金融機関では契約の際、
収入証明書、住民票、入学金や学費の納付書
などの写し
が必要となります。

また借入限度額は無担保の場合、
10万円以上300万円まで
が一般的です。

有担保であれば、最高5000万円まで
非常に高い設定となっています。

これは私立大学の医学部進学などを想定したもの
だと思われます。

ただ、現実の実体験のお話をすれば、
無担保で10万円から50万円くらいを
ローンで借り入れしようという方のケースでは
わざわざ面倒な必要書類が必要で
審査も厳しく、時間のかかる銀行ローンへ
申込をする人はあまりいません

私の兄弟もそうしました。

少額の借金であれば、手軽な銀行カードローンや
プロミスやアコムなどのキャッシングで
一時的に借りてしまう人が多い
のが実情です。

特に消費者金融カードローンは
即日でも融資可能なところがほとんどですからね。

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)
  • 土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • 1
  • アコム(審査通過率No.1)
sample

  • 知名度が高く初めてのキャッシングでも安心
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので信頼性抜群
  • アコムのクレジットカードも希望があれば同時に申し込める
  • スピーディーな審査で即日融資も可能

ポイント1 来店不要でネットで完結 ポイント2 審査は最短30分
入金まで最短60分
ポイント3 全国のコンビニATMで出入金できる ポイント4 初めてご利用方は30日間利息が0円
ココがすごい! 三菱東京UFJ銀行の中にアコムの無人契約機がある所もあり、人目を気にせず借入できる!


アコムでもっとも最短のお借り入れ方法は、まず①ネットで申し込みをし審査を済ませる。次に②店舗へ出向き契約を済ませる。
これが一番早いと思われます。まずは公式サイトからお申し込みください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事