キャッシング比較

プロミス等キャッシング審査で重視される個人信用情報の項目

プロミス等カードローンの審査を申し込むと、
キャッシング会社は自社基準による審査をします。

さらには、信用情報機関を利用して
ローン申込者の個人信用情報を照会し、
審査をおこないます。

ここでは信用情報機関のデータを
キャッシング審査にどのように活用するのか
解説していきますね。

ローン審査では運転免許証など身分証明書の確認
勤務先への電話による在籍確認に加え、
カードローン会社が「限度額審査」の際に必ずリサーチ
している作業があります。

その確認作業が「個人信用情報」と言われる
金融業界の顧客データの照会です。

これは貸金業法によって
すべての消費者金融業者に課せられている義務であり
主として過剰な融資をあらかじめ防ぐことが目的なのです。

個人信用情報を保有しているのはJICCやCICという機関で
各消費者金融業者は情報センターとパソコンを
オンラインで繋いで個人データを参照しています。

具体的な手順としては、
融資担当者が自社の端末から申込者の氏名、
あるいは電話番号を入力すると
信用情報センターのシステムが該当者を検索する
というものです。

過去に一度でも消費者金融を利用したことのあるユーザーなら、
数分で個人情報が端末の画面に表示されることになります。

ここで画面に表示される情報の内容は、

①本人の氏名
②住所
③生年月日
④性別
⑤電話番号
⑥勤務先
⑦消費者金融業者の照会回数
⑧最終返済日
⑨借入件数と他社借入額
⑩金融事故情報
⑪サービス情報

の合計11項目です。

この内、特に重視される項目は借入件数

なぜなら若年層のクレジットカード破産など
多重債務問題が近年は社会的な問題となっているからです。

消費者金融でも顧客が何件の金融業者から
お金を借りているかが審査の最重要ポイント

なのですね。

一般的に、他社から5,6件以上の借入があると
多重債務者とされ、新規融資は受けられないとされています。

ただし、ローン業者によって審査の基準はバラバラ
一概には言えないので最初からあきらめる必要はないので
審査の申し込みをするのはあなたの判断です。

よく聞くのはカード会社が新規で立ち上がった時、
新規ユーザーの獲得のため、通常なら与信アウトな場合でも
無理に審査に通す、という話も聞きます。

タイミングの問題でもあるので
ネットの事前審査(お試し審査)などは
少なくともチャレンジしてみるべき
でしょう。

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)
  • 土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • 1
  • アコム(審査通過率No.1)
sample

  • 知名度が高く初めてのキャッシングでも安心
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので信頼性抜群
  • アコムのクレジットカードも希望があれば同時に申し込める
  • スピーディーな審査で即日融資も可能

ポイント1 来店不要でネットで完結 ポイント2 審査は最短30分
入金まで最短60分
ポイント3 全国のコンビニATMで出入金できる ポイント4 初めてご利用方は30日間利息が0円
ココがすごい! 三菱東京UFJ銀行の中にアコムの無人契約機がある所もあり、人目を気にせず借入できる!


アコムでもっとも最短のお借り入れ方法は、まず①ネットで申し込みをし審査を済ませる。次に②店舗へ出向き契約を済ませる。
これが一番早いと思われます。まずは公式サイトからお申し込みください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事