キャッシング比較

キャッシング審査が通る(審査通過・審査可決)傾向

銀行ではあるみたいですが、消費者金融にも貸し渋りってあるのでしょうか?

消費者金融は貸金業。
消費者金融キャッシングは、最近では「カードローン」
とその呼び名を変えつつありますが
基本姿勢は、あくまで「貸してナンボ」の世界です。

ローン契約時にカードを発行し、
そのカードを使いコンビニATMなどで出入金できたりするようになっています。

クレジットカードのキャッシング枠を使うのと感覚は似ています。
今や誰でもクレカなどを保有するカード時代です。

ただ、最近の傾向では、携帯料金未納を連発したことがある若年層が
カードを作れないで審査否決になるいわゆるブラック属性になっているケースも多いと聞きます。

さて、中小消費者金融を含めた全体の業界の傾向ですが、
縮小傾向どころか、むしろ近年はもっとも借りやすい傾向といってよい、
という専門家もいるくらいです。

借りやすくなった理由としては、
自己破産件数の落ち着き」だという分析があります。

ここでちょっと下記の図を見てください。

201302281749541

2003年をピークに自己破産者数は年々減り続けており、この傾向は続くと見られています。

かつては飛びそう(返済不能になりそうな)な顧客の貸し倒れを防ぐべく
審査が厳しくなり否決が多発し、明らかに従来よりお金が借りにくい時期もありました。

もう1つの図も見てください。

jikohasan-kasitukezandaka-suii

これが何を意味するかと言うと、
貸金業界の「健全化」といっても良いのではないでしょうか。

各社の方針は、優良顧客の囲い込みです。

高齢化、少子化の影響で、
大手消費者金融がターゲットとする20才~60才の入口が、
今後、減少するのは避けられません。

市場が小さくなる危機に対し、各社は生き残りのため、
かつてはありえなかった限度額、金利を提供するようになったのです。

もちろんこれには2010年6月の貸金業法改正の影響があるのは言うまでもありません。

アコム・アイフル・プロミスなどの最高限度額はなんと500万円(以前は借入額MAXで50万円だった時代もあります)。
モビットは800万円です。

公務員や上場企業のサラリーマンを、高額な融資で囲い込む戦略です。

また下限金利も各々ですが5%前後の低利に設定されています。
10数年前にはせいぜい下限金利20%だったのがウソのようです。

他にも就職が内定した大学生へ年利9%で融資を行う業者もあるなど、
若い世代の取り組みにも必死です。

また「利息を下げてあと50万融資するので、他社を完済しましよう」
と誘いをかける、一本化の営業も増えていると聞きます。

ただし結論を言うと、消費者金融業界の競争の激化は、
健全な借り手には有利な状況を生みつつあり、
われわれ消費者には良い傾向なのです。

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)
  • 土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • 1
  • アコム(審査通過率No.1)
sample

  • 知名度が高く初めてのキャッシングでも安心
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので信頼性抜群
  • アコムのクレジットカードも希望があれば同時に申し込める
  • スピーディーな審査で即日融資も可能

ポイント1 来店不要でネットで完結 ポイント2 審査は最短30分
入金まで最短60分
ポイント3 全国のコンビニATMで出入金できる ポイント4 初めてご利用方は30日間利息が0円
ココがすごい! 三菱東京UFJ銀行の中にアコムの無人契約機がある所もあり、人目を気にせず借入できる!


アコムでもっとも最短のお借り入れ方法は、まず①ネットで申し込みをし審査を済ませる。次に②店舗へ出向き契約を済ませる。
これが一番早いと思われます。まずは公式サイトからお申し込みください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事