キャッシング比較

プロミスのお金借り入れ審査を根本から徹底解説!

消費者金融などのカードローン審査はさまざまな
申込者の情報を活用して可決か否決かを判断して
いますが、それだけではありません。

最近ではビッグデータという言葉もありますが、
一般消費者の顧客情報を収集・分析(情報生産)
することにより、審査業務が成立しているのです。

不特定多数の消費者を対象としているということで
これら消費者の顧客情報を体系的に管理しながら、
効率よく処理するIT技術を用いています。

ユーザー情報を収集・分析することは、ローン審査
における与信判断に非常に大きな影響を与えるため、
そうしたデータの活用は今後必須となるのです。

最近、メディアでも将来なくなる職業の1つとして
融資担当者(キャッシング審査担当者)が挙げられて
いたりすることを目にすることもあるでしょう。

これはまさに今後、データを使ってコンピュータや
ロボットが融資審査をするようになることを予見して
いるわけですね。

早くから消費者金融では、この与信審査能力を
高めるため、コンピュータシステムの導入を進めて
きていました。

プロミスは、1963年に独自の自動与信システムを
開発し、与信の判断基準を、消費者の財産、地位、
学歴、年収に置かず、消費者の返済意思にモラルを
求めた
そうです。

具体的には、過去の顧客も含めて600万人を超える
顧客データをもとに、1760通り以上の分類により
顧客の与信枠が自動的に決定される仕組みを確立し、
契約後は定期的に他社借入件数情報を入力して、
その増減により自動的に与信額も増減されるシステム
を開発したのです。

これにより、契約した段階から、将来のリスクを把握し
金利が生み出す利益の予測が可能になったと言われています。

JICCやCICといった個人信用情報機関のデータの充実と共に
近年のIT技術の発達に伴い、多数の顧客データを蓄積し、
それを統計的に分析
することによって、カードローン審査は
精度を増し無担保にもかかわらずリスクを最小化した融資を
可能としている
のです。

  • 1
  • プロミス(ユーザー申込数No.1)
sample

  • 本日中にお金が入金される(無人契約機に行けば土曜・日曜でもカード受取も可能)
  • 電話による在籍確認がイヤであれば書面(健康保険証か給与明細)を提出すればOK!職場バレ・会社バレの不安解消!
  • Web完結を導入!「郵送物なし」で家族バレ、親バレの心配がなくなりました!
  • プロミスは深夜でも土曜・日曜でもすぐに現金が受け取れる瞬フリ(24時間振込キャッシング)を採用!

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 WEB完結で来店不要
全てがネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事