キャッシング比較

プロミスや銀行カードローンのカネ借入れ審査に通るコツ

今回はちょっと専門的なお話をします。
興味がない方はスルーしちゃって下さい!

テーマはカードローン市場が拡大している
理由を専門的に分析する、です。
そこからカードローンの審査に可決するコツも
1つ導き出します!

消費者金融の背景をさかのぼって考えます。
いわゆる消費者信用の利用が本格化したのは
1960年代以降のことです。

当時の高度経済成長は国民の生活を大きく
変化させました。家電品や自動車などの
耐久消費財の購入が活発化
したのと同時に、
旅行やスキー、海水浴、登山、ボーリング等
レジャーを楽しむ国民が増え
ていきました。

そうしたライフスタイルの変化が消費者ローン
拡大の一因になったことは間違いありません。

レジャーを楽しむという文化は、一時的な
資金の融通として消費者金融利用のきっかけ

となったのです。

ですから、カードローン審査に通過するコツ
として利用目的は「レジャー」と答えろ!という
ことが通説
になっているのかもしれません。

消費者金融の人気が高まった理由として、
無担保での即時貸出ニーズの増大があったことも
否定できません。

それにより消費者金融全体の信用供与残高は
拡大していったのです。無担保、無保証での
借り入れが可能であったことが担保を持って
いない一般消費者の利用を促進したわけです。

またカード社会の浸透も大きな要因の1つです。
クレジットカードには、通常キャッシング機能が
付与されています。これを利用する人が増えて
カードローンの普及が相乗効果として加速したのです。

日本においてクレジットカードの利用は
ショッピングが中心であることは間違いありませんが
カード会社の浸透はカードキャッシングの利用促進
にもつながっているのですね。

さらにカードローンの利用者増加の理由について
見ていきます。

2000年くらいからのIT技術の普及が大きな要因です。
ITと金融の相性は良く、インターネットを使った
申し込みが爆発的に増加
しました。

これはカードローンだけではありません。
証券業界でも同様です。株やFXなど投資も今や
ネットで取引するのが主流ですよね。

金融ニーズが多様化し、インターネットの利用で
消費者は金融についての情報を容易に得ることが
可能となったのです。

いま、まさにこのサイトを見ているアナタが
そうなのです!!

以上、見てきたようにカードローンの利便性の
向上が利用者増加の理由です。

◆まとめ

消費者金融による自動契約機の導入や銀行との
CD・ATM開放にはじまり、インターネットの導入。

消費者信用のサービス媒体の多様化、金融技術の発達、
利便性の向上が消費者金融や銀行のカードローンの
利用者を増大させたのです。

  • 1
  • プロミス(ユーザー申込数No.1)
sample

  • 本日中にお金が入金される(無人契約機に行けば土曜・日曜でもカード受取も可能)
  • 電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
  • Web完結を導入!「郵送物なし」で家族バレ、親バレの心配がなくなりました!
  • プロミスは深夜でも土曜・日曜でもすぐに現金が受け取れる瞬フリ(24時間振込キャッシング)を採用!

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 WEB完結で来店不要
全てがネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事