キャッシング比較

プロミス等キャッシング大手と中小消費者金融を比較

当サイトをご覧いただいたユーザーさんから
お金借りるなら、どこがいいですか?
という質問がありました。

管理人としては当サイトでご紹介している
大手カードローン会社のプロミスやアコム
オススメだとお答えしています。

これは事実としてお申込み数もプロミスが1位で
アコムが2位ですから間違いないのです。

ですが、一部の方々には当てはまらない場合も
あるようなので、今回は大手消費者金融と
中小の金融会社を比較してみたいと思います。

まずはここ数年間の経営状況の経緯から
キャッシング業界の現状を認識することで
比べてみたいと思います。

■大手消費者金融

(問題点・リスク要因)

・過払金返還請求による経営コストの膨大な増加
・店舗数の削減
・大規模なリストラによるコスト減
・上限金利引き下げによる利回りの低下で、利息収入は大幅減少

(プラス要因)

・金融機関(銀行)との連携による資本強化
メガバンクとの連携で資金調達が円滑になった

■中堅消費者金融

(問題点・リスク要因)

・大手と同様に、店舗の撤廃など大規模なリストラ
・金融機関からの資金調達が困難になった
・新規貸付がストップして企業として成長できない
・債権の回収専門に業務をシフトチェンジ
・ややリスクの高い顧客層への貸付けが不可能になった

(プラス要因)

・大手に買収されて新サービス展開している元中堅金融もある

■小規模消費者金融

(問題点・リスク要因)

・地域の小規模金融業者には過払い金返還請求問題の影響は深刻だった

(プラス要因)

・小規模のローン業者は極度額方式のリボルビング契約を行わずに証書貸付だけ扱っていた
・上記のため利息返還請求権の消滅時効が成立した契約が多かったので過払金返還請求を免れた
・資金調達を銀行に頼らず自己資金で経営できるキャッシング業者は、まだ従来の営業を継続中

こうした見て来ると、大手と小規模業者の二極化が
キャッシング業界では進んでいると分析できます。

管理人の「目」から見ると、まずは大手のプロミス等で
審査を申し込む
ことをお勧めします。

それで万一、ダメだった場合、小規模な金融会社に
借り入れを申し込むというのもアリかと思われます。

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 【最新】電話での在籍確認がイヤな人は書面での確認でもOKに!(保険証か給与明細のコピーで可)
  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • 2
  • アコム(審査通過率No.1)
sample

  • 知名度が高く初めてのキャッシングでも安心
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので信頼性抜群
  • アコムのクレジットカードも希望があれば同時に申し込める
  • スピーディーな審査で即日融資も可能

ポイント1 来店不要でネットで完結 ポイント2 審査は最短30分
入金まで最短60分
ポイント3 全国のコンビニATMで出入金できる ポイント4 初めてご利用方は30日間利息が0円
ココがすごい! 三菱東京UFJ銀行の中にアコムの無人契約機がある所もあり、人目を気にせず借入できる!


アコムでもっとも最短のお借り入れ方法は、まず①ネットで申し込みをし審査を済ませる。次に②店舗へ出向き契約を済ませる。
これが一番早いと思われます。まずは公式サイトからお申し込みください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事