キャッシング比較

プロミスやアコム以外でお金借りるカードローンは何がいい?

今回のタイトルにあるような質問を
時々、受けることがあります。

当サイトはプロミスとアコムを一押し
としてご紹介しています。

ですので、それをご理解していただいた上で
本コラムを書き進めていきます。

消費者金融の業界では、完全に
プロミスとアコムという2強体制
完全に出来上がっています。

プロミスとアコムはメガバンクと提携しており
低リスクの顧客層は低金利で銀行に直接
プロパー融資をさせ、信用保証業務をおこない
利益を得ています。

したがって財務体質は強くなる一方です。
そんなプロミスやアコムだからこそ、
当サイトもおすすめしているわけです。

また、それに続くのがアイフルやモビット等です。

行政当局(金融庁)はキャッシング市場のことを
個人向け無担保ローン市場と呼んでいます。

このローン市場について地域の市場や、
よりリスクの高いユーザーへの処置として、
中小・地域金融機関向け総合監督指針」を掲げ
地銀や信用金庫に対し、その受け皿となるよう
対応を要求
しています。

アメリカの金融機関が持っている思想に
「貸し倒れはコストである」というものが
ありますが、そうした考えが必要とされているのです。

消費者向け貸付市場(カードローン市場)を
健全に育て、リスクの高い顧客層や低所得者向けに、
セーフティーネット的な受け皿
として地方銀行、
信用金庫、信用組合の役割が求められてきました。

その結果、最近では地方銀行がようやく重い腰を上げ
個人向けカードローン事業を積極的にサービス展開
する動きが活発化してきております。

例えば、静岡銀行カードローン「セレカ」
静岡県だけでなく、全国のユーザーからの審査申し込みを
受付けています。日本全国どこに住んでいても
融資を受けることができるようになっていますので
かなり便利です。
静岡銀行のカードローン セレカ

最近はフィンテックが活発化し、銀行の収益を圧迫する
という見方も一部ではあったりしますが、こうした一連の
動きも地銀のカードローン参入という流れを加速化させた
のかもしれませんね。

いずれにしても一般ユーザーには低金利のキャッシングの
選択肢が増えるのですから良いことです。

※フィンテック(Fintech)とは、
Finance(金融)とTechnology(技術)という言葉を
掛け合わせた新しい造語のことです。※

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 【最新】電話での在籍確認がイヤな人は書面での確認でもOKに!(保険証か給与明細のコピーで可)
  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • 2
  • アコム(審査通過率No.1)
sample

  • 知名度が高く初めてのキャッシングでも安心
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので信頼性抜群
  • アコムのクレジットカードも希望があれば同時に申し込める
  • スピーディーな審査で即日融資も可能

ポイント1 来店不要でネットで完結 ポイント2 審査は最短30分
入金まで最短60分
ポイント3 全国のコンビニATMで出入金できる ポイント4 初めてご利用方は30日間利息が0円
ココがすごい! 三菱東京UFJ銀行の中にアコムの無人契約機がある所もあり、人目を気にせず借入できる!


アコムでもっとも最短のお借り入れ方法は、まず①ネットで申し込みをし審査を済ませる。次に②店舗へ出向き契約を済ませる。
これが一番早いと思われます。まずは公式サイトからお申し込みください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事