キャッシング比較

プロミスなどキャッシング審査で金利を低くするには!?

大手消費者金融の上限金利は、
基本的に18.0%となっています。

利息制限法の上限は20%なのですが、
これが適用されるのは10万円以下の
借り入れについてのみです。

カードローンの契約では10万円からの
契約がほとんどですから、18%
となって
いるわけですね。

キャッシングを体験したことがない方は
5万円だけ借りることはできないの?」
と不安になったかもしれません。

いえ、大丈夫です。
10万円のキャッシング枠で契約して
カード発行後、コンビニや銀行のATM、
または自動契約機の側にあるATMから
希望額の5万円だけ引き出せばいいのです。

さて、金利を低くする方法があるかと言えば、
実績を積み重ねて、あなたの信用力を高める
しか方法はありません。

ですから、初回のキャッシング契約で、
いきなり18%以下の利率での融資はまず無理です。

金利と言うのは、専門的に解説しますと、
限界費用を基にして算出されます。

限界費用とは、消費者金融の資金調達の際の金利と
顧客の予想貸倒率を加味した数値
です。

つまりユーザーの貸倒率をできるだけ正確に
分析することで、貸し倒れの予想(可能性)が
少ない優良な顧客に、より低い金利を提示できる

ようになるのです。

ですから遅延のない返済などの実績が、重要な
ポイントになるのです。

なお、少しでも低い金利での借り入れを
初めてのキャッシングから利用したいという
ことであれば、当サイト一押しの「プロミス」が
いいでしょう。

プロミスは年率17.8%となっており、少しだけですが、
他の消費者金融より金利が低めでお得
です。

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)
  • 土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事