キャッシング比較

日エム商事株式会社(ジャパン・マネージメント・サービス)

日エム商事株式会社はジャパン・マネージメント・サービスという名前で事業展開する金融会社です。

公式サイトには、「金融総合商社として、あらゆる金融関連商品を提示、提供する」「既存のノンバンクの枠を超えた、新たな金融業務を構築する」と謳っています。

主な事業内容は4つの柱から構成されています。

1.手形割引・電子債権割引
2.ビジネスローン
3.不動産担保融資
4.民事再生企業支援サービス

以上のようになっております。

特に手形割引については年率3.0%からの低利率での提供をセースルポイントとし、スピード柔軟審査、全国対応もアピールしているようです。

ビジネスローンも幅広く対応しています。

融資限度額は50万円~5,000万円まで。
金利は年率15.0%~18.0%となっています。

ラインナップは以下の通りです。

①運転資金融資
②商業手形担保融資
③債権担保融資
④動産担保融資
⑤介護・診療報酬担保融資
⑥ゴルフ会員権担保融資
⑦小切手換金

いずれも担保と保証人は原則不要ですが、法人の場合は代表者保証有りのケースもあります。

◆日エム商事株式会社(ジャパン・マネージメント・サービス)ご案内
正式社名:日エム商事株式會社
サービス名:ジャパン・マネージメント・サービス
〒103-0027
東京都中央区日本橋1-3-8 ディアマントビル6F
TEL 03-3246-0808  FAX 03-3246-0300
公式ページ http://www.nichiemu.com/

◆その他のサービスをお探しの方へ
当サイトおすすめ事業者ローン

  • 1
  • 資金調達プロ(ファクタリング)
banner336_280_3

  • 最短即日のスピード資金調達を実現
  • 100万円から3億円まで対応!
  • 融資ではない、借りない資金調達
  • 銀行や消費者金融とは審査方法が違うので安心

ポイント1 個人信用情報への影響がない ポイント2 資金繰りの改善で
再び銀行などから借り入れ可能
ポイント3 債務にならない! ポイント4 秘密厳守で安心
ココがすごい! もしアナタが金融ブラックリストや債務超過の経営者の人であっても「売掛金」があれば資金調達が可能です!


銀行のように厳しく、面倒な審査はありません。売掛金のあることさえ証明できれば審査通過できるファクタリングをぜひお試しください。

> 公式サイトはコチラ

【コラム】

◆ウソをついて金を借りるな

学生時代、田舎の親父に、病気になって金がいるとか、授業料が上がったとか、教授といっしょに研究旅行に行くとか嘘をついて、金を送らせた経験のある人はいくらもある。

親の中には、 見事にだまされて送金した親もあろうが、嘘とわかっていて、だまされたふりをして送金した 親の方が多いのではないだろうか。

子がどんなにうまくうそをついたつもりでも、親にはわかるのである。

しかし、うそをついて金を送ってもらったり、借りたりするのは、親だけにとどめておいた方がよい。

金を借りるのに、うそをついてはいけない。

「うそも方便」というが、居留守を使うときぐらいにしておいた方が無難である。

うそというのは、いつばれるかわからない。また、自分がどんなに気をつけていても、あらぬ方からばれることもある。う

そとわかったとき、金を貸した方の、 だまされたという感情は、永久に消えることはない。これは損である。金を借りるためのうそは、個人も会社もっかないことだ。

◆土地を借金で買うな

バブルで土地ブームのとき、借金で土地を買い、これを転売して、笑いのとまらないほど儲けた会社がたくさんある。

土地はぐんぐん値上がりをし、借金は逆にどんどん目減りをしたのだから、こんなにうまい金はなく、こんなにぼろい儲けもなかった。

土地ブームのおさまった今日でも、長い目でみれば、 蓄財の王者はおそらく土地であろう。

しかし、この土地も、転売できるあいだはよかった。

土地ブームが去ってしまうと、借金して買った転売用の土地の動きは、ピタリととまってしまった。

こうなると借金の返済も利息の支払いも、まったくできなくなってしまう。

このために、今までの儲けを全部はきだし、それでも足らず倒産をした会社がたくさんある。

自前の資金で買った土地なら売れなくても平気だが、借金の場合はたちまちピンチになる。

転売用の土地でなく、自分で使用する土地の場合でも、土地には減価償却費がないから、借金で土地を買ったときは、全額、内部留保利益で返済することになる。

金額が小さければまだいいが、金額が大きくなると、ちょっと業績が落ちると、返済できなくなることが多い。

土地は大変妙味のある資産だが、全額借金で買うことだけは、慎んだ方が良い。

(2016年12月12日更新)

一押し記事