キャッシング比較

キャッシング審査で否決から逆転可決にした人の実体験

消費者金融の審査になぜか分からないけど
承認されない人もいるかと思います。

個人信用情報も特にブラックではないし
自分の属性(年収、勤務先など)も
一般的で普通であるにもかかわらず
審査では否決される、という悩みを
ときどき、耳にします。

そういう人の場合、もしかすると
自分の属性が金融会社に誤解されている
という可能性もあります。

また、同時に複数のカードローン会社に
申し込んだことはありませんか?

あるいは、例えばアコムで否決され、
次の日にプロミスに申し込んだりした
経験はありませんか?

そういう場合は、いわゆるブラックリスト属性
ではなくても審査には通過できません。

一度、どこかの消費者金融で審査に落ちた場合、
再度、審査に申し込むまでには最低6か月は
期間を空ける必要
があります。

もし、プロミスの審査に落ちて、もう1回
プロミスに申し込むというケースでは
できれば1年間の期間が必要でしょう。

違う会社、例えばアコムに申し込むという
のであれば、6か月でOKです。

なぜ、6か月とか1年間という期間をあけて
再審査にチャレンジするのかというと、
審査否決の履歴を消すことと、その間に
あなた自身の信用力を上げる
ことが
審査可決のポイントになるからです。

さて、ここからが今回の本題です。
キャッシング審査で逆転可決にした人の
実体験です。

※どこの消費者金融の審査で逆転可決したのかは
ここでは伏せます。※

この人がどうやって、一度、審査で落ちた
にもかかわらず、再審査で承認されたのか。

それは「電話」です。

消費者金融の審査部に直接電話をしたのです。

自分の属性に特別な問題がないけれども、
どうして審査に通過できないのか、
問い合わせをしたのですね。

もちろん、丁寧に礼儀を尽くした電話です。
決して失礼な態度は微塵も見せていません。

それで、交渉の電話でのポイントは2つ。
融資限度額は10万円でもいい」ということ、
御社メインで他社とは一切付き合わない
という2つを条件に逆転可決を勝ち取ったのです。

もちろん、キャッシング会社によって
こういうケースの対応はそれぞれ違うと
思います。

ただし、こうした実話もありますから
決してあきらめる必要はないのです!
◆おすすめカードローン↓
ユーザー支持率No.1「プロミス」

> 公式サイトはコチラ

一押し記事