キャッシング比較

消費者金融の自動与信システムとキャッシング審査の可否

自動与信システムと聞いて
何の事だか分かる人は、その業界の人か
よほど金融業界について研究している人
くらいしかいないと思われます。

自動与信システムは、新規申し込み時の
ユーザー属性をプログラムが組まれた
コンピューターシステムに打ち込み、
診断結果を出力する消費者金融の
審査判定システムのことです。

カードローン審査における与信は
審査部が出すのではなく与信システムが
決定している
といっても過言ではありません。

ちなみに「与信」とは、聞きなれない言葉ですが
その字面のとおりで、信用を与える、という意味です。

もっと分かりやすく言えば、
あなたをを信用してお金などを貸与する
ということになります。

だから消費者金融の融資審査で使われる言葉なのです。

システムのプログラムを走らせると与信結果リストが出ます。
内容は、各社違うとは思われますが、「与信額」や
独自の「グループコード」などがはじき出されます。

不良属性のグループコードでは与信は「0円」です。
ですがシステムによる自動与信額が0円でも
審査部や支店長の判断で貸付ができるとも言われています。
貸付限度額は10万円以下のようですが。

つまり自動与信システムで貸せないと判定された人でも
ケースによっては借り入れできる可能性があるのです。

それを証明する文書をプロミスが公開していますので
ご紹介しておきます。

<引用:ここから>

お客様が安心してプロミスの商品・サービスをご利用いただくためには、
的確な与信と、常にお客様の資金ニーズにお応えできる安定した
資金調達基盤の構築が不可欠です。

当社では、これらが揃って初めて、お客様の「パーソナル・メインバンク」
を実現することができると考えています。

創業以来当社は、「的確な与信こそ最大のお客様サービスである」
という考え方のもと、与信管理ノウハウの蓄積を
長年にわたって行ってきました。

その実践的なツールが、1983年に導入した業界初の
コンピュータによる自動与信システムです。

これは、日々蓄積されるお客様の取引データを元に
分析したものに、信用情報機関への照会で得た情報を
組み合わせて自動的に与信額を算出するものです。

運用に当たっては、この自動与信を基準に支店長の与信判断を加え
的確なご利用限度額を設定しています。

また、ご契約後も、当社での取引状況を即時に与信額に反映するとともに、
定期的に信用情報機関への照会を行い、途上与信を管理しています。

なお、与信基準については、環境の変化に対応した最適化
を随時図っており、現在は改正貸金業関連法の完全施行後の
環境を見据えた新たな与信システムの開発を進めています。

<引用:ここまで>
出典URL:
https://www.smbc-cf.com/corporate/pdf/corporate_profile09_09_10.pdf

下記の引用図をご覧ください。
無題
支店長与信」とありますよね。それが証拠です。
◆おすすめカードローン↓
ユーザー支持率No.1「プロミス」

> 公式サイトはコチラ

一押し記事