キャッシング比較

プロミス等で限度額増とキャッシング金利を引き下げる方法

プロミスやアコムなど消費者金融のキャッシングで
融資限度額を上げたり、借入金利を下げたりするには
あなた自身の信用力をコツコツを上げる以外にありません。

金融面での信用力がアップすれば自然と
消費者金融の方からアプローチがあるはずです。

例えば営業目的で「また借りてくれませんか」と
電話がかかることもありますよね。

実は、この営業電話に乗じて借り入れすると
ローン限度額がアップしたり金利が下がる場合が多いです。

利用限度額をアップして
「消費者金融からもっと融資を受けたい」と
考えているユーザーは、こうしたチャンスを
利用するのもいいでしょう。

基本的に電話営業の対象となる顧客とは、
一度ローンを完済していることが条件で、
その時点で借り入れゼロのユーザーとなります。

あるいは過去にカードローンの元金を
一括返済したことがある人なども
当然、その対象者となるでしょう。

消費者金融から見て「信用力」が高い人物に
なっている証拠
でもあるのですね。

一方、現在、ローン返済中の顧客が新規融資を
すすめられることはほとんどありません。

更には再度、審査を行えば融資の条件を
金利引き下げなど有利にできそうだと融資担当者から
判定されたユーザーも営業対象になりやすいと言います。

仮にあなたが会社勤めを続けていれば、
初回融資の時点より勤続年数も年収も
増えていると判断されるからです。

営業電話のタイミングは月末が多いです。
また3月、9月という時期も同様に多くなる傾向があります。

各地域の支店は本社から義務付けられた
月間の融資額の目標を達成するため、
なりふり構わずで「ぜひ、うちで借りてください」
とアプローチするのです。

融資を受ける際は時間があるならATMではなく
店舗窓口に行くべきでしょう。

なぜなら融資担当者と世間話をするチャンスが生まれるからです。

「年収は600万に上がったんじゃないですか?」
とか
「もう勤続5年ですね」
みたいな質問があれば多少オーバーでも
「はい、そうですね」と答えておけばOK。

こうした会話の後、審査に再度通過すれば融資限度額はアップするのです。

(※もちろん、こうした人間関係が面倒であればATMや電話で済ませて構いません。)

たとえ少額融資でも営業電話をむげに断らず利用しておけば
営業マンに対して貸しを作ることにもつながるわけです。

結果として担当者は営業成績が苦しいときに借りてくれた、
ということをしっかり覚えている
もので、
後々、色々と優遇してくれる可能性もあり得るでしょう。

消費者金融からの電話には利用限度額アップや
キャッシング金利の引き下げなどチャンスもあるので
きちんと対応するといいかもしれませんよ。

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)
  • 土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事