キャッシング比較

勤務先・年収・勤続年数と消費者金融のキャッシング審査

消費者金融の審査でかならず問われるのが「勤め先」です。
その勤務先にあなたが何年くらい勤めているのか、
どれくらいの収入があるのかを審査の基準にします。

まず、あなたの「勤務先」について。

従業員数や資本金など、会社の規模を問われる場合もありますが
ほとんどキャッシング審査の可否には関係ない、と言って良いようです。

また特定の会社(例えばスキャンダルを起こした会社など)に
勤めているからといって、あなたの信用力が下がることもありません。

同業の消費者金融に勤める顧客も問題なく借りることはできます。

ですが、消費者金融の社員の場合は支店長の裁量で
若干、融資限度額を落とされることもしばしばのようですが・・・。

ローン審査の基準など、手の内を知っている相手には
あまり貸したくないという意識が働くからでしょう。

次に「年収」について。

年収が高いことに越したことはないのですが、
多いからといってさほど優遇されない
というのは意外な盲点です。

重視されるのは収入が安定しているかどうかで、
金額自体はあまり問題とならない、ということなのです。
(だから公務員は歓迎されます)

場合によっては、あまりに高額な年収を申告すると
「こんな稼いでるのに消費者金融で借金するとは何か訳があるはず」
と勘ぐられ、心証を悪くする場合もあるといいます。

「訳ありの人間」と勘違いされないよう注意したいところですね。

結論を言えば、「人並み」が一番よく
会社勤めのサラリーマンなら年収300万円以上あれば
まったく問題ない、と思われます。

最後に「勤続年数」について。

これは重要ポイントです。

サラリーマンは勤続年数が長くなれば長くなるほど
世間体を気にするものですよね。

会社に消費者金融の督促電話が頻繁にかかってくれば、
それこそ出世に響くのは間違いないからです。

つまり、勤続年数が長い人ほど消費者金融に対して

勤め先が弱みになる

きちんと返済する

信用が高くなる

という論理と言えるだろう。

具体的には、少なくとも3年は勤めていないと信用力が高いと評価されません。

勤めて間もない人は10~20万円の限度額が上限でしょう。

自由業、自営業、またパート・アルバイトの場合も、
同じ仕事を3年以上続けていないとカードローン審査は
かなり厳しくなると思って間違いないと思われます。

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)
  • 土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • 1
  • アコム(審査通過率No.1)
sample

  • 知名度が高く初めてのキャッシングでも安心
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので信頼性抜群
  • アコムのクレジットカードも希望があれば同時に申し込める
  • スピーディーな審査で即日融資も可能

ポイント1 来店不要でネットで完結 ポイント2 審査は最短30分
入金まで最短60分
ポイント3 全国のコンビニATMで出入金できる ポイント4 初めてご利用方は30日間利息が0円
ココがすごい! 三菱東京UFJ銀行の中にアコムの無人契約機がある所もあり、人目を気にせず借入できる!


アコムでもっとも最短のお借り入れ方法は、まず①ネットで申し込みをし審査を済ませる。次に②店舗へ出向き契約を済ませる。
これが一番早いと思われます。まずは公式サイトからお申し込みください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事