キャッシング比較

プロミスなどキャッシング業界を超わかりやすく解説

お金を借りる場合、重要なのは「金利」と、「借りやすさ」の2点です。
 
一般的な借り入れ先は、
銀行カードローン
信販系やスーパーなどの流通系を含めたクレジットカード会社、
ノンバンクと言われる消費者金融
の3者となります。

さらに消費者金融は株式を上場し、
全国規模で事業展開しているアコム、プロミス、アイフル、モビットなどの大手と、
エリア内でチェーン展開をする中規模店、
そして多くても2,3店舗で営業する小規模金融の3つに分かれます。

ここでは便宜上、前2者を「消費者金融」と呼び、後者を「街金」と呼ぶことにします。

この、銀行→クレジット会社→消費者金融→街金という流れは、そのまま金利の低い順でもあります。

銀行は年利3%~10%前後。
クレジット会社と消費者金融が実質的に10%~18%、
金融会社で定められた最高年利までバラつきがあります。

一方で、この流れは「借りやすさ」と言う点では、そのまま逆になるのです。

銀行は、身分証明書の他に印鑑証明などが必要になり、審査に2~3週間かかることも多いです。(住宅ローンなど)

ただし銀行カードローンは別で、即日融資も可能です。

一方、消費者金融は、即日融資が基本。

インターネットや無人契約機の出現で、身分証明書1枚あれば最短20~30分で現金を手にできるし、
街金になれば電話1本で口座に振り込んでくれる業者もあります。(※ただしお勧めしません!)

金利が高くなればそれに反比例するように貸し出し基準も緩くなるのです。

また、これ以外にも金融機関は存在します。

ここからは違法業者の話ですが、10日で1割など法定外の金利を課す高利貸しや、多重債務者をカモる紹介屋、整理屋などの違法業者、ヤミ金などなど。

ただ、街金の中には整理屋と組んでいる業者もいれば貸金業の許可を受けている紹介屋もいるらしくて、この境界線は限りなくあやふやになっているのが現状のようですから注意が必要です。(このあたりの業者には近付かないこと!!)

やはり当サイトでご紹介しているような大手消費者金融がお勧めで安心です。

◆金融機関体系(まとめ)

銀行(年利3~10%)
消費者金融(年利5~18%)大手・中堅
クレジット会社(年利10~20%) 信販系・流通系
街金(年利~20%) レディースローン・電話融資・不動産金融・車金融
ヤミ金 高利貸し(10日で1割~不明)紹介屋・整理屋・買い取り屋・破産屋

  • 1
  • プロミス(ユーザー支持率No.1)
sample

  • 最短で本日中にお金が入金される(無人契約機に行けばカード受取も可能)
  • 土曜・日曜でもカード発行が可能
  • フリーター・主婦の方でも、ご本人に安定した収入がある場合はお申込みOK!
  • 30日間は利息は0円(※条件あり・後述参照)

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • 1
  • アコム(審査通過率No.1)
sample

  • 知名度が高く初めてのキャッシングでも安心
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので信頼性抜群
  • アコムのクレジットカードも希望があれば同時に申し込める
  • スピーディーな審査で即日融資も可能

ポイント1 来店不要でネットで完結 ポイント2 審査は最短30分
入金まで最短60分
ポイント3 全国のコンビニATMで出入金できる ポイント4 初めてご利用方は30日間利息が0円
ココがすごい! 三菱東京UFJ銀行の中にアコムの無人契約機がある所もあり、人目を気にせず借入できる!


アコムでもっとも最短のお借り入れ方法は、まず①ネットで申し込みをし審査を済ませる。次に②店舗へ出向き契約を済ませる。
これが一番早いと思われます。まずは公式サイトからお申し込みください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事