キャッシング比較

株式会社BIGサービス(不動産会社専門融資)

株式会社BIGサービスは不動産担保ローンを専門とする金融ローン会社です。

不動産担保ファイナンス(不動産担保ローン)が得意分野で、これは不動産を担保にして資金の融資をおこなっています。

担保によっては数億円規模のローンも可能で、無担保ローンと比べると金利の低さが魅力です。

融資までの流れを簡単にご説明しておきます。

1.訪問、ヒアリング

2.不動産価値の審査

3.融資希望額とのすり合わせ(交渉)

4.融資決定

5.商品物件の決済日の確認

6.融資実行

以上のようなフローです。

貸付条件についても掲載しておきます。

・融資金額:500万~5億円(5億円以上は応相談)
・融資利率:年率6.00%~12.00%
・実質年率:年15.00%以下
・事務手数料:融資額の0.5%~3.0%(消費税別途、融資時のみ)
・返済回数:1回~最長24回
・担保:不動産 [土地・戸建(新築・中古)/マンション区分(新築・中古)等]
・連帯保証人:原則、代表者個人の連帯保証
・必要書類:不動産謄本、公図、決算書、事業計画書、納税証明書等

対象エリアは基本的に東京・神奈川・千葉・埼玉です。

◆株式会社BIGサービスご案内
東京都港区南青山4-9-6 ラポール南青山2F
TEL 03-5775-7698
FAX 03-5775-7699
公式ページ http://www.bigservice.co.jp/

◆その他のサービスをお探しの方へ
当サイトおすすめ事業者ローン

  • 1
  • 資金調達プロ(ファクタリング)
banner336_280_3

  • 最短即日のスピード資金調達を実現
  • 100万円から3億円まで対応!
  • 融資ではない、借りない資金調達
  • 銀行や消費者金融とは審査方法が違うので安心

ポイント1 個人信用情報への影響がない ポイント2 資金繰りの改善で
再び銀行などから借り入れ可能
ポイント3 債務にならない! ポイント4 秘密厳守で安心
ココがすごい! もしアナタが金融ブラックリストや債務超過の経営者の人であっても「売掛金」があれば資金調達が可能です!


銀行のように厳しく、面倒な審査はありません。売掛金のあることさえ証明できれば審査通過できるファクタリングをぜひお試しください。

> 公式サイトはコチラ

【コラム】
◆耐用年数の長い建物などは、全額借金で建てるな

同じことは、鉄筋コンクリートの建物など、耐用年数の長い有形固定資産についてもいうことができる。

サラリーマンが、住宅を七○パーセントまでも借金して買えるのは、住宅ローンは、他の長期借入金に比べて、とびぬけて返済期間が長いからである。

住宅金融公庫のような、三十五年という返済期間の長い借金は他にはないし、銀行ローンでも、住宅ローン以外には二十年といったものはない。

普通銀行の場合は長期資金といっても三年ぐらいのものである。

この返済期間の短い借金で、耐用年数が二十年も三十年もある建物や設備を設置したのでは、借金は返せない。

こういう金を全額借金をしたからといって、借金に強いとか、借金がうまいとか考えるのはとんでもない間違いだ。

むしろ借金に弱いから、そういう借金ができるのである。無謀な借金はしないことだ。

◆親戚や友人から、無利子で金を借りるな

親戚や友人から金を借りるとき、利息のことをまったく考えない人がいるが、これはいけない。

今どき、無利子の金などあるわけがない。 もし、親戚や友人がその金を銀行や郵便局に預けておけば、低金利時代であっても少しは利息収入がある。

株やFXなどへの投資がうまい人なら、その金で倍もうけることができたかもしれない。

その金をあなたに貸すのだから、応分の利子は考えておかなければならないし、貸す方で黙っていても、10パーセントぐらいの利子をつけて返すのは当然である。

その金も、一カ月とか二カ月の短期であればまだいいが、三年も四年も借りる場合は、目減りのことも多少は考えてやらなければならない。

たとえば、100万円をあなたに貸した親戚や友人は、そのお金をあなたに貸さないで、奥さんにダイヤモンドやプラチナ、ゴールドの指輪を買って喜ばすこともできたのである。

しかし、三年後、四年後に、あなたから返してもらった100万円では、同じ指輪は買えない。値段はぐんと高くなっている可能性もある。

指輪でなく、毛皮でも着物でも洋服でも、事はまったく同じである。

借りた方は、100万円借りたのだから、100万円返せばいいと思うだろうが、貸した方は決してそうは思っていない。

その人は、内心では、今の実質価値を考えているのであり、また、それはあたりまえのことなのだ。

こうした借金の目減りを考えないですむのは、銀行や会社から借りた借金だけである。

個人から借金したとき、利子や目減りを考えないということは、お金の一部をもらったと同じことであると考えなければならない。

好意で貸してくれた人だからこそ、その人に損をさせてはならないのだ。

一押し記事