キャッシング比較

株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ

株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ(JFS)は資金調達に役立つ金融会社です。

手形割引、でんさい(電子債権)・電子手形割引を得意分野としています。

ソリューション系サービスのサービスとして「資金繰り改善のアドバイス」や「正常収益力分析」などもおこなっています。

主力のファイナンス系のサービスには豊富なラインナップがそろっております。

①手形・でんさい(電子債権)割引
②証書貸付
③手形貸付
④売掛債権担保融資
⑤ファクタリング
⑥不動産担保融資
⑦手形再割引
⑧信用保証
⑨売掛債権保証
⑩手形割引計算シミュレーション
⑪事業融資計算シミュレーション

以上のサービスを提供しています。

公式ページによりますと、手形割引では全国に対応し、金利も柔軟(3.0~14.9%)になっています。
また本店は東京ですが、大阪と福岡にも支店があるようです。

気になる審査に関しても「迅速さ」と「簡易さ」をアピールしており、使い勝手の良さそうな金融取引と言えそうです。

◆株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズご案内
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目14-1 兼松ビルディング9F
TEL 03-6862-7652
フリーダイアル 0120-959-977
東京本店・大阪支店・北九州支店あり
公式ページ http://www.jpnfs.com/

◆その他のサービスをお探しの方へ
当サイトおすすめ事業者ローン

  • 1
  • 資金調達プロ(ファクタリング)
banner336_280_3

  • 最短即日のスピード資金調達を実現
  • 100万円から3億円まで対応!
  • 融資ではない、借りない資金調達
  • 銀行や消費者金融とは審査方法が違うので安心

ポイント1 個人信用情報への影響がない ポイント2 資金繰りの改善で
再び銀行などから借り入れ可能
ポイント3 債務にならない! ポイント4 秘密厳守で安心
ココがすごい! もしアナタが金融ブラックリストや債務超過の経営者の人であっても「売掛金」があれば資金調達が可能です!


銀行のように厳しく、面倒な審査はありません。売掛金のあることさえ証明できれば審査通過できるファクタリングをぜひお試しください。

> 公式サイトはコチラ

【コラム】

個人なら、友人からでも、会社からでも、クレジットカードでも、サラ金でも、借りるところは銀行以外にいくらでもある。

また、月賦やカードで買えば、金はなくても物はいくらでも買える。

この月賦で買ったりカードで買ったりしたものも実質は借金である。会社の場合も同じで 借りる先はたくさんある。

しかし、借りた金は返さなければならない。

しっかりした返済計画もなしに、借りて、あとは何とかなるだろうという借金が、いちばん危ない。

何ともならないことが、多いからである。 そういう借金は個人なら身の破滅、会社なら倒産につながる。

お金は、返済する自信があってはじめて、借りるものである。返済のあてのない借金は、どんなに苦しくてもじっと我慢しなければならない。

◆担保なしにお金を借りるな

「友人に金を貸せば、金も友人もともに失う」という言葉がある。私にもその苦い経験がある。

貸した金が返ってこないのも不倫快だが、金だけでなく、その友人もまた、金を貸したが故に遠ざかってしまう。寝しいことである。

だから、金の達人は友人に金を貸すときは、金を貸すのでなく、くれるつもりでなければならないと教えている。そのとおりであろう。

しかし、友人以外に金を貸してくれるところがどこにもない、という境遇になることもある。

そういう場合に、金を貸すのでなく、くれるような友人はそうざらにいるものではない。こういう場合に私は、友人に担保を提供して借りることをすすめたい。

提供する担保がまったくなければ別だが、借金する場合でも、債券や株券を持っていることが多い。

換金性の高いこういう有価証券を提供して、借りるのである。友人はおそらく、水くさいというだろうが、こうしておけば万一のことがあっても、友を失うことはない。

◆取引先から金は借りるな

銀行からも、友人からも金が借りられなくなったとき、仕入先や、販売先などから金を借りることを考えることがある。

それは確かに一っの方法ではある。

また、長年の取引先なら、一社や二社は、長い年月の間には、こちらも苦しいこともあるのだからと、金を貸してくれないことはないだろう。

しかし、一度、取引先から金を借りたら、以後、その取引先には頭が上がらなくなる。

お金というものは不思議なもので、今まで対等であったものが、金の貸し借りをすることで、対等ではなくなってしまうのである。

金権政治家のTは、金を貸すのではなく、金をばらまくことで、自分の子分をつくったという。

一度金をもらってしまえば、高級官僚もジャーナリストも、Tに手も足も出なくなってしまう。

お金とはそういうものである。

そういう魔力がおカネにはあるので正しく対等の取引をするには、取引先からはお金を借りない方が良いのだ。

(2016年12月11日更新)

一押し記事