キャッシング比較

お金が欲しいけどプロミスで借りれる?かね借入れ審査の裏側

急な入り用で突然お金が必要になることは人生の中で誰にでもあることです。

それが滅多に無い人もいれば、トラブル続きでしばしば急な出費が重なる人などさまざまです。

今回はそんな急な出費に対応してくれるプロミスのカードローン審査を実例にして、借り入れできる方法を考えてみたいと思います。

10年以上前ですと、無人契約機を使って借り入れをする人が7割以上でした。

ですが、今はインターネット全盛時代です。

8割の人がネットを使って申し込みしているのか現実です。

昔、もてはやされた無人契約機(自動契約機)ですが、これには監視カメラも付いていて、金融会社に完全にモニターされていますから、ネット申込を皆さん使うようになっています。

このネット申込にも2種類あって、WEB完結と言うすべてがネットだけで済ませる方法と、ネット申込+自動契約機を使う方法、があります。

カードローンですから、当然、カードは発行されますよね?

そのカードを即日受け取りたい人が、ネット申込した後、近所の無人機まで行ってカード発行するというパターンが多いのです。

カードが自宅に郵送されて来ると困る人も意外と多いのです。

いわゆる家族バレ、親バレを敬遠するということですね。

さて、ここからはキャッシングの審査について解説していきます。

この審査は要するに「誰にどれだけの金額を貸せるか?」ということに主眼が置かれています。

消費者金融の審査ではまず、ネット申込の入力欄に記載された個人情報などのデータに間違いがないかチェックされます。

自宅や会社(勤務先・職場)が実際に入力された住所に実在するのか否か、確認するため電話帳やゼンリンなどの住宅地図などすら使って調べられます。

少しでも疑問があれば、電話などで確認作業がおこなわれるケースもあります。

「お勤め確認ということで会社(個人事業主であれば自宅)へお電話を一本入れさせていただくことになりますが、ご了承いただけますか?」

こうした問い合わせが金融会社から電話で確認されます。

もちろん、この電話では家族や職場の人間に借金することを知られないよう配慮され、担当者の個人名でかけることになります。そこは安心してください。

上記のような確認作業が済めば、あとは自動与信システムで審査の可否が判断されるだけです。

この自動与信システムはプロミスが業界初で開発・導入した画期的な仕組みなのです。

このシステムの画面を少しだけ覗き見してみますと、本人確認書類、申込み情報、与信関連項目聴取、契約説明、与信登録、支店長審査、所得証明書類、貸付審査受付、貸付審査支店長審査、口座開設、書類・カード交付、など色々な項目が記載されています。

以上は、完全なインサイダー情報です。

プロミス詳細⇒プロミスは「カンタン入力」でお申込もラクラク、面倒ではありません!
> プロミス公式サイトはこちら

一押し記事