キャッシング比較

カードローン審査で利用目的のベストアンサーは何?

最近、プロミスやアコムなど消費者金融や
各種銀行カードローンの公式ページを見て
昔と違っているなぁ、と感じることの1つに
キャッシングの利用目的を回答させる欄が
なくなった
ことです。

今でも審査の申し込みの時に利用目的を
答えることになっているのはアイフル等が
あります。

アイフルの場合ですと、次のような選択肢が
用意されています。

生活費
レジャー
冠婚葬祭
物品購入
旅行費用
引越費用
教育資金
事業資金
その他

となっています。

それでは、この中でどれを選べば一番良いのか、
「審査に通る」という観点から考察してみたい
と思います。

かつて銀行が消費者金融事業に参入した1960年代を
振り返って見ると答えのヒントが見えてきます。

当時の銀行による消費者金融事業は、消費者金融とは
呼ばれていたものの、実際には自動車・家電品など
耐久消費財の購入のための資金提供が中心でした。

その融資対象は、自動車、電化製品、ピアノ、
電子オルガン等の耐久消費財購入費や、住宅購入費、
教育費、結婚資金
など、となっていたそうです。

こうして見ると裏側に見え隠れする意図を感じます。
つまり、生活費以外の出費に対するローン提供だと
いうことです。

生活費はとりあえず自力で賄えている人にお金を
貸し出す
、という意図がそこにはあるのでしょう。

冒頭のアイフルの利用目的の選択肢で言えば、
・レジャー
・冠婚葬祭
・物品購入
・旅行費用
・教育資金

などが、その意図に該当するわけですね。

つまり、生活費とストレートに回答するよりも
上記のレジャー系、教育費系などを利用目的と
する方が審査には通りやすい
、と思われます。

カードローンの審査に不安がある人は、
ご参考までに。

  • 1
  • プロミス(ユーザー申込数No.1)
sample

  • 本日中にお金が入金される(無人契約機に行けば土曜・日曜でもカード受取も可能)
  • 電話による在籍確認がイヤであれば書面(健康保険証か給与明細)を提出すればOK!職場バレ・会社バレの不安解消!
  • Web完結を導入!「郵送物なし」で家族バレ、親バレの心配がなくなりました!
  • プロミスは深夜でも土曜・日曜でもすぐに現金が受け取れる瞬フリ(24時間振込キャッシング)を採用!

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 WEB完結で来店不要
全てがネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ
  • アイフル
350_240

  • 実質年利は4.5%~18.0%で、最高融資限度額500万円までとなっています。
  • インターネットからのお申し込みの場合、審査結果は電話またはメールでお知らせ!
  • 融資をお急ぎの方はネットでお申し込み完了後、フリーダイヤルでお電話にてご相談ください!
  • 最短30分で審査完了。来店も不要で誰にも知られずカード受取りOK

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 来店不要
ネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 若い世代に人気
ココがすごい! スマホかPCからお申込みの場合「配達時間えらべーる」というご指定の時間帯にカードを届けてくれるサービスがあります!家族に内緒でバレたくない<方には嬉しいですね!


キャッシング初心者にもおすすめなアイフルは安定した収入があればアルバイトやパートの方でもお申込みいただけます。その他のサービス等については、詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事