キャッシング比較

プロミスの公式サイトにアルバイト詐欺の注意喚起!

最近、プロミスの公式ページを見たときに
トップページの最上部にキャッシング関連の
詐欺に関する要注意事項が記載されていました。

実際に書いてあることを引用しておきます。

<ここから>

【アルバイト詐欺にご注意ください】
アルバイト等を口実に借入金を騙し取る詐欺が発生しています!
第三者にお客さまのカードを渡したり、お客さまの名前を貸すことは絶対にしないでください。

<ここまで>

リンクをクリックしてみますと、別ページが
開くのですが、そのページにはいわゆる
金融犯罪の手口について説明が書いてあります。

紹介屋、名義貸し、ニセ社員、カード現金化、
フィッシング詐欺、貸します詐欺(融資保証金詐欺)
などの犯罪手口が説明されています。

今回のアルバイト詐欺はこの中の「名義貸し」に
当たると思われます。

名義貸しとは、第三者の代わりに自分の名義で
カードローン会社等と契約することです。
さらには、自分名義のローンカードを第三者に
貸すこと、を意味します。

ここで言うアルバイト詐欺は、
ローン会社の覆面調査のアルバイト」という名目で、
フリーターや学生に複数の消費者金融と契約させ、
アルバイト料を渡し、それと引き換えにカードや
借入した現金を騙し取るという詐欺行為です。

では、なぜこのような詐欺行為が起こるのでしょうか?

それはカードローン審査における本人確認などの
利便性、簡易性にも起因しているように感じます。

プロミスなどの消費者金融カードローンの審査は
非常にスピードが速く、利用者とすれば便利
です。
しかし、その簡単さや迅速さが故に、こうした
詐欺の盲点になりやすい面があるのです。

もし、本人確認がもっと厳格な審査だったら、
どうでしょうか?

例えば本人確認に「生体認証」が取り入れられたら
このような詐欺は起こるでしょうか。しかも
複数の生体認証、網膜、虹彩、音声、指紋、顔型
など複数の生体の特徴をとらえた認識・認証を
おこなうような確認方法だったら、とても詐欺を
する気分にもならないでしょう。

また逆にユーザーも借入しようという気持ちには
ならないかもしれません。

つまり、今の非常に迅速で便利で簡単な審査を
継続してもらうにはやはり、そうした詐欺を
許さない社会が必要ですし、一般ユーザーも
絶対に騙されないことが重要
です。

みなさん、気を付けましょう!!

  • 1
  • プロミス(ユーザー申込数No.1)
sample

  • 本日中にお金が入金される(無人契約機に行けば土曜・日曜でもカード受取も可能)
  • 電話による在籍確認がイヤであれば書面(健康保険証か給与明細)を提出すればOK!職場バレ・会社バレの不安解消!
  • Web完結を導入!「郵送物なし」で家族バレ、親バレの心配がなくなりました!
  • プロミスは深夜でも土曜・日曜でもすぐに現金が受け取れる瞬フリ(24時間振込キャッシング)を採用!

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 WEB完結で来店不要
全てがネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事