キャッシング比較

無利息カードローン(ゼロ金利)にマイナス金利の効果はある?

先日、日銀が決定したマイナス金利政策が
2月16日から導入開始されました。

これによって金融業界ではさまざまな変化が
もたらされているようですが、それでは
消費者金融のカードローン、キャッシングや
銀行カードローンには、どの程度の影響が
あるのでしょうか。
IMG_0314
↑上記の画像は先日の読売新聞のマイナス金利
に関する記事です。

メリットの部分に注目したいのですが、1つは
銀行がお金を融資に回す」とあります。

これってカードローンにも良い面での効果が
期待できるかもしれません。

まずは銀行カードローンです。これも融資の1つに
間違いありませんから、ユーザーにとっては更に
借りやすい環境ができる可能性があります。

そして、消費者金融のカードローンはどうでしょうか?
プロミスやアコムはメガバンクである三井住友銀行や
三菱東京UFJ銀行と提携しているグループ企業
です。

プロミスやアコムはカードローン融資の資金調達を
それぞれ提携先の銀行から借り入れ
しています。

ということは・・・銀行から資金調達するお金が
プロミスやアコムに潤沢に流れれば流れるほど、
カードローンの融資を積極的におこなう環境が
できる
ということになりますよね。

ですので、マイナス金利効果は消費者金融でも
期待できると思われます。

そして、もう1つのメリットとして、
住宅ローン金利が低下」と新聞には書いて
ありました。

カードローンの金利が今よりも低くなることは
あるでしょうか?管理人は可能性はゼロではない
と考えます。

金利の引き下げがカードローンであるとすれば、
まず先に銀行カードローンの金利が低くなるでしょう。
その後、消費者金融のカードローンまで波及すれば
文句なしです。

それではカードローン金利の引き下げがあった場合
誰が一番の恩恵を受けることになるでしょうか?

それは、当然、これから借り入れする新規ユーザー
にはメリットがあります。それと同時に、すでに
借入して返済が苦しい人々に最大のメリットが
出てくるでしょう。

つまり、金利のより低いカードローンに借り換えする
効果が大きくなるからです。おまとめローンでも
同様の効果があると思われます。

日本銀行のマイナス金利がカードローンにも
良い効果があることを願うばかりです。

無利息期間のあるカードローンはこちらもあります。

  • 1
  • プロミス(30日間無利息=金利ゼロ)
sample

  • 本日中にお金が入金される(無人契約機に行けば土曜・日曜でもカード受取も可能)
  • カンタン申込でオペレーターに申請すれば電話による在籍確認が回避できるケースあり!書面(健康保険証か給与明細)を提出すればOK!職場バレ・会社バレの不安解消!
  • Web完結を導入!「郵送物なし」で家族バレ、親バレの心配がなくなりました!
  • プロミスは深夜でも土曜・日曜でもすぐに現金が受け取れる瞬フリ(24時間振込キャッシング)を採用!

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 WEB完結で来店不要
全てがネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事