キャッシング比較

プロミス等での主婦の借入が昔と今でかなり変化の理由

主婦の方々のキャッシングやカードローンの
借り入れが昔と現在ではかなり変化してきて
おります。

その転機となったのが、2010年の改正貸金業法
の施行であったことは言うまでもありません。

昔は消費者金融の貸し出し金利も高く、リスクの
高い人も比較的借り入れがしやすかったという
こともあり、多くの主婦が簡単にキャッシング
できる時代もありました。

その当時の借り入れする主婦の理由というのが
今では考えられないものだったりします。

一例を挙げます。

「女の人の買い物ってダイヤの指輪を買ったり
するでしょ。そんな時、月賦にするより、ちょっと
まとめて現金で買うとお得に安く変える場合が
あるじゃないですか。それで借り入れしたりね」

他にはこんな言葉もあります。

「簡単に5万円とか借りれるじゃないですか。
それで競輪、競馬、パチンコ、スロットとか
ギャンブルに行けるじゃない。だから借りるのよ」

この言葉を聞いて管理人は驚きました。
今では考えられない理由ですよね。

当時の審査はどれだけ甘かったんだ、
どれだけ緩かったんだよ・・・、
と思わず絶句しました。

こんな人には絶対に消費者金融はお金を貸しません。

多重債務者の問題が少し前まで大きな社会問題と
なっていましたが、確かに上記のような理由で
借りる人にキャッシングを許していたら、問題が
起こりますよね・・・。

その意味では、改正貸金業は効果はあったのかも
しれませんね。

ですが、裏では健全なカードローンユーザーまでもが
借りられない時代
に、現在はなっているという事実も
存在します。

総量規制の悪影響がそこにはあります。
ですが近年では総量規制対象外である銀行カードローン
を利用できるようになって
おり、問題は解決されつつ
あると言ってもいいかもしれません。

そして、もう1つ裏では健全でないローンユーザーが
闇金に手を出している問題もあります。特に最近では
「ソフトヤミ金」という手口が流行っているらしく、
主婦が利息だけ払い続け、ダラダラと関係を続けて
いる問題があるのです。

こうした問題を解決するには、貸金業法の再改正や
NPOバンクの台頭、日本版グラミン銀行の設立など
いろいろと考えられますが、やはり行政の迅速な対応
が最も求められていると思います。

当サイトをご覧の健全なカードローン利用者の方々には
賢くご活用
いただけることを願います。

  • 1
  • プロミス(主婦の申込数No.1)
3119-1431280335-3

  • 本日中にお金が入金される(無人契約機に行けば土曜・日曜でもカード受取も可能)
  • 電話による在籍確認がイヤであれば書面(健康保険証か給与明細)を提出すればOK!職場バレ・会社バレの不安解消!
  • Web完結を導入!「郵送物なし」で家族バレ、親バレの心配がなくなりました!
  • プロミスは深夜でも土曜・日曜でもすぐに現金が受け取れる瞬フリ(24時間振込キャッシング)を採用!

ポイント1 限度額は500万円まで ポイント2 WEB完結で来店不要
全てがネット申込で完了
ポイント3 審査は最短30分 ポイント4 即日融資もOK!
ココがすごい! 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合、24時間振込OKなのでスグにお金が手に入る!


キャッシング初心者にもおすすめなプロミスは30日間は利息は0円です。これはネットで申し込み後、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択されたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスで大変お得です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

> 公式サイトはコチラ

一押し記事