キャッシング比較

プロミスで障がい者(障害者)はキャッシングできる?

当サイトではタブーなしという方針ですので
今回のコラムにも触れていきます。

と言いますのもあるメールがきっかけでした。
「私は軽度の身障者ですが借入できますか」
という内容のメールが届いたのです。

管理人なりにいろいろと調査してみましたので
ここで情報をシェアしたいと思います。

結論から言いますと、社会人として普通に働き
安定的な収入がある方ならば、消費者金融などで
借り入れはできます

ただし、障害にもさまざまあって場合によっては
融資を受けられない可能性もあるようです。

一例を挙げますと、全盲の方は契約内容を書面で
確認できないケースが多々あり、契約は難しく、
逆に難聴の人であれば書類の確認は可能なので
キャッシング審査は通るケースが多いようです。

要するにポイントはご本人が審査時の契約内容を
きちんと理解できるかどうか
、ということに
尽きるようなのです。

ですので、どうしても借り入れが必要という方は
申込時に「カンタン入力」というサービスがある「プロミス」をお勧めします。
入力項目が少なくて負担が小さいので、スムーズに審査申込ができます。
プロミスは「カンタン入力」でお申込もラクラク、面倒ではありません!
> プロミス公式サイトはこちら

ただ、近年、知的障がい者などの多重債務問題が
表面化
していたりします。社会問題化しています
ので管理人としては借り入れはおすすめできません。

そうした金融トラブルに巻き込まれないよう
金融教育、消費者教育などの喚起はなされて
いるようですが、なかなか浸透していません。

当サイトを障害者の方々が見えおられるかどうか
分かりませんが、借入する際の管理人のおすすめは
地域の民生委員の人に社会福祉協議会を紹介して
もらい、生活福祉資金の貸付け制度を利用する
のが
ベストだと思います。

また、もしこれを読んでいる健常者の方々で
まわりにそうした障がい者の人がおられましたら
ぜひ上記の生活福祉資金の貸付制度を教えてあげて
ください。

一押し記事